色々な発毛剤

ドラッグストアなどに行くと、薄毛や抜け毛に悩む人向けの商品がたくさん陳列されています。
こういった場合発毛剤を購入すればよいのか、または育毛剤なのか迷ってしまうことはありませんか?
発毛剤と育毛剤はよく似ているように感じますが、実は少々違います。

育毛剤と発毛剤の違いについて

まず発毛剤は抜けるなどして現在毛髪が生えていない休止期の毛根に働きかけてくれます。
休止期の毛根に栄養を送りこみ、頭皮や血管を活発化させ血行を良くすることで新しい毛髪が生えるのを促します。
育毛剤は休止期の毛根ではなく、既に生えている毛髪に対して働きかけます。

せっかく生えてきても弱くてすぐに抜けてしまうのでは薄毛になってしまいます。
生えている毛が強くて太い毛髪に成長するために使われるのが育毛剤です。

そもそも毛髪にはサイクルがあります。
休止期の毛根から毛髪が生え成長している間は成長期。
成長期を過ぎ抜けていくまでの間を退行期と呼んでいます。

発毛剤は休止期、育毛剤は成長期に使用することで効果が期待できます。
薄毛で悩んでいる人の多くは、この毛髪サイクルが乱れていることがあります。

どんな人でもこの毛髪サイクルはあるのですが、薄毛で悩む人は休止期が非常に長くなってしまう傾向にあります。
休止期が長ければその間その毛根は活動をしていないため、毛髪が生えてくることはないでしょう。
そこに発毛剤を使用して刺激を与え眠っている毛根を目覚めさせることで発毛を促すという仕組みですね。

発毛剤や育毛剤は主に頭皮に塗るタイプのものですが、最近は飲むタイプの発毛剤を使用している人もいます。
発毛を促進させるサプリメントなどもたくさん出てきています。

頭皮に発毛剤を塗るときに比べ確実に体内に有効成分を送り届けることができるので、より効果的な発毛を実感している人も少なくありません。

ただし塗るタイプはその部分にピンポイントで栄養を送れますが、飲む場合は全身に栄養分が回るため頭皮だけに効果的に作用するかどうかはわかりません。

ですので飲むタイプの発毛剤を使用している人は、塗るタイプのものと併用している人が多いようですね。
それから医薬品の発毛剤も多くなってきています。

一昔前までは医薬品として認可された発毛剤はなかったのですが、最近は好んで医薬品の発毛剤を使用する人が多いようですね。

副作用の心配もほとんどないということですが、それでも使用した人の何人かは体調不良を訴えていることもあるようです。
医薬品を使用する場合には医師や薬剤師に相談して、使用しても問題ないと判断してからのほうが安心できると思いますよ。

 

顧問弁護士 料金